So-net無料ブログ作成

更年期障害 前編 [更年期障害]

女性は、十代から月経が始まり、五十代くらいで月経が終わり閉経となります。
月経は女性の妊娠と出産に関係するものです。
妊娠の可能性がある年代には月経は続きます。

やがて更年期という時期になると、卵巣の働きが徐々に弱くなっていきます。
その為、排卵することがなくなり、それによって月経が終了するのです。

女性は、この閉経前後で、ホルモンの働きを大きく変化させることになります。
その結果として、身体に様々なな症状が出てしまいます。
これを一般的に更年期障害と呼びます。

更年期障害の症状としては、顔がほてる、汗をかく、身体がだるいなどの身体の症状があり、ほかにも、イライラする、落ち込む、睡眠不足になる、やる気がなくなるといった精神の症状もあります。
それら症状には、個人差があり、閉経を迎えながらもそれほど影響が無い女性もいれば、辛くて毎日の生活が出来ないほどである方も少なくありません。

そういった症状の多彩さと重さの違いもあって、なかなか辛さが人に伝わらない病気となってしまっています。
タグ:全般

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。